日経平均株価の概要と計算方法について

日経平均株価は、日本の産業をいろいろな業種にわけ、それらの業種から代表的なものを選んで組み入れています。

 

225銘柄が組み入れられているために、日経225と呼ばれることもあります。業種を代表する銘柄組み入れられていますから、日本の経済をバランス良く取り入れた指数だと言えるでしょう。

 
その計算方法についてですが、単純平均を採用しています。銘柄の規模などによって重みをつけることなく、単純に合計をして序数で割ります。重みをつけていませんから、変動率ではなくて変動幅によって影響する割合が異なります。

 

変動率が同じであっても、株価が高い方が変動幅は大きくなりますから、全体的の傾向としては株価の高い銘柄の影響を受けやすいです。このような銘柄のことを値がさ株と呼びます。値がさ株の影響を非常に受けやすく、一つの銘柄だけで数%の影響を与えることもあるのです。このようなことがありますから、値がさ株の動きには常に注意しておかなければなりません。

 
また、各業種を代表する企業からなりますから、全体的に見ればグローバル企業の影響力は大きいと言えるでしょう。グローバル企業の影響力が大きいですから、為替レートの影響を受けやすいです。

Filed under: 未分類 — tousi 5:51 PM