単元株制度って何?

単元株制度とは、各企業によって定められた株数単位で株式を購入する方法となります。

 

通常は100株単位や1000株単位の株式売買が行われているところが多くなっています。

 

以前は1株単位で売買される企業がありましたが、東証の100株単位への推奨によって1株を100株に分割して、100株単位に移行する流れが出ています。100株単位の企業の株式を注文する時には、100の整数倍で取引を実施することになってきます。

 

例えば、100株単位の株式を5単位購入する場合には、500株を注文することになります。

個人投資家が単位株を売買する時には、購入金額が数十万円程度と高額になってくることが多いために数回に分けて購入していくことが難しくなりがちです。そこで、証券会社によっては単元株の10分の1から購入できるミニ株の制度が設けられていることから、ミニ株を活用して分散投資を実現するのも一つの手となります。しかし、ミニ株での購入は通常、単元株に付いてくる権利が得られない面が出てきます。単元株では株主としての議決権が与えられたり、企業によっては株主優待が受けられることがあります。

 

しかしながら、ミニ株では議決権や株主優待を得ることができないので注意が必要です。

Filed under: 未分類 — tousi 6:52 AM