単位株制度と単元株制度

単位株制度は過去に取り入れられていた制度で、額面合計を5万円として、単位で割ることによって額面を計算する方法を指します。例えば、売買単位が100株の場合には、5万円を100で割って、額面は500円となります。このようにして単位を定めて、これによって議決権を定めることになります。制度が導入されたのが1,982年で、そしてその後2,001年には商法が改正されて単元株制度が導入されたことによって廃止されます。

 
単元株制度が導入されたことによって額面は廃止され、そして売買の単元となる株数は企業が自由に決めることができるようになりました。例えば、単元が1,000株と定められている銘柄があったとして、株価が100円であれば、最低投資金額は10万円となります。これを変更して、100株にすれば、株価が100円であれば1万円で買うことができるようになり、投資家にとって取引しやすくなるのです。単元は証券取引所で売買する際のまとまりで、それよりも少ないものは単元未満株と呼ばれます。株式としての価値は同じですから市場で売買できないというデメリットがあります。証券会社に買い取ってもらうなどの方法で売却する事はできます。

Filed under: 未分類 — tousi 5:48 PM